ペットの一大事!猫が皮膚病になったら獣医に診てもらおう

蚊が媒介する恐い犬の病

飼い主とペット

夏場は、蚊によって伝染する犬フィラリア症には要注意です。適切な対処で予防は可能ですので、動物病院の指示に従ってフィラリア予防薬を犬に与えてください。予防薬の使用には注意が必要ですので、個人で購入する際にはくれぐれも気を付けてください。

More Detail

肥満が原因の恐い病気

猫

半身がマヒしてしまう病

最近、過保護なのか肥満の犬をよく見かけるようになりました。小型犬や特定の犬種では、この肥満が原因で様々な症状を引き起こすことがあります。それは「椎間板ヘルニア」です。元々背骨に負担がかかりやすいミニチュアダックスや骨の細い小型犬などに起きやすい症状なのですが、肥満になると椎間板ヘルニアの発生のリスクを急激に高めてしまいます。椎間板ヘルニアは、背骨の間にあるクッションのような椎間板が、背骨の変形や脱臼によってはみ出してしまい脊椎の神経を圧迫してしまうというもので、重症の場合は下半身がマヒしてしまいます。こうならないように、発症の可能性がある犬種の場合は特に肥満には注意する必要があるということです。

発症したなら迅速な対応を

椎間板ヘルニアは、突然発症することがほとんどです。ちょっとした段差を飛び越えたり、ソファーやベッドから飛び降りたりといった普段の何気ない行動がきっかけで発症します。特に段差を飛び降りる際の衝撃で発症しやすいと言われています。いざ発症すると下半身が上手く動かせなくなってしまいます。もしそのような状況になった場合は一刻も早く獣医の診察を受けてください。手術を必要とするような重症の場合は48時間が完治の分かれ目だと言われています。対処が早ければ後遺症のリスクを下げることに繋がります。様子を見ている間に手遅れになることもありますので、軽い麻痺でも症状が見えたらできるだけ早く診察を受けるようにしてください。病気になるのは犬だけではなく、猫も同様に病気にかかるものです。猫は人間と同じように皮膚病を患ってしまうこともあり、いつもより痒そうにしていたり、毛が抜けて禿げていたりする場合は皮膚病の可能性があります。皮膚病は治療することで改善できるので、獣医の診察を受けましょう。

犬をしつける職業

お墓

ドッグトレーナーはペットとして人気が高い犬にかかわる仕事です。ドッグトレーナーは通信講座なら標準8か月ほどで資格を取得できます。ドッグトレーナーがしつける犬は、警察犬や盲導犬とは違い、トイレや留守番など犬が最低限できなくてはならないことをしつけていきます。

More Detail

ペットとの関係性

子犬

犬のしつけは飼い主と犬の関係性をはっきりさせることから始まります。犬が飼い主の目をしっかりと注目するようになることがしつけの最終的な目標です。それができてからは、他のしつけをする場合に大変楽になります。

More Detail