ペットの一大事!猫が皮膚病になったら獣医に診てもらおう

蚊が媒介する恐い犬の病

飼い主とペット

どんな病気なのでしょうか

蚊が媒介する犬フィラリア症は、犬の命にかかわる大変恐い病気です。犬フィラリアとは、犬の心臓や動脈に寄生する寄生虫のことで、蚊が媒介することで犬や猫に伝染していきます。フィラリアに感染した犬は、心臓や血管の働きが悪くなり、それによって重篤な症状を起こし死に至ります。夏場に、元気が無くなったり食欲が落ちる、咳が出たり呼吸が苦しそうにする、血尿が出たりお腹が異常に膨らんでくるなどの症状が現れたら感染の可能性があるので、急いで獣医の診察を受けましょう。重症化してからの治療は危険で困難なものです。フィラリア予防薬の使用や初期状態での治療が重要になりますので正しい知識を身に着け、普段から犬の状態に気を配るようにしましょう。

予防薬の使用が効果的

犬フィラリアが流行する夏場は、定期的にフィラリア予防薬を投与することが大変有効です。ですが、使用には注意も必要です。まず、フィラリア予防薬の使用開始する際には事前に感染検査をする様にしましょう。フィラリアに感染している場合は投薬に細心の注意が必要になります。状態によっては久留里の投与で犬がショック死を起こす可能性があります。フィラリア予防薬の投与は獣医師の指示に従って行うようにしましょう。予防薬はネットなどで格安に購入することが出来るのですが、先の述べたようなリスクが伴いますので、最初の検査だけでも受けておくことをおすすめします。犬フィラリアによる症状の末期は大変悲惨です。愛犬がそんな思いをしないようにできる対策は取ってあげてください。